TOP >出版物>学会誌

学会誌の目的と範囲

 企業と社会フォーラム学会誌は、研究者による研究成果や実務者による取り組み事例報告を、本学会会員のみならず非会員も投稿・発表できるものとする。
 論文/事例報告のテーマとしては下記のようなものが挙げられるが、これらに留まらず広く関係するテーマも募集する。
 ・企業と社会の関係、持続可能な発展、公共政策
 ・CSR経営、コーポレート・ガバナンス、経営倫理、
 ・環境経営、環境会計、環境保全
 ・消費者、安全・衛生、労働・人権、サプライ・チェーン
 ・社会貢献、ソーシャル・マーケティング、CRM、ソーシャル・プロダクト
 ・ステイクホルダー・エンゲージメント、情報開示/報告書、CSR教育
 ・企業価値、レピュテーション、SRI
 ・NPO/NGO、セクター間の協働/提携、国際支援
 ・マルチ・ステイクホルダー・プロセス、グローバル・ガバナンス、国際基準
 ・ソーシャルビジネス、社会的企業 (家)、ソーシャル・イノベーション
 ・国際比較 など

■過去の学会誌はこちら

投稿から発行までのスケジュール

論文投稿 随時受付
査読

その年の1月末までに投稿された論文を対象に、編集委員会による査読を実施。
査読結果は3月末までに投稿者に通知される。

最終原稿の提出 査読コメントに基づき論文の修正を行い、5月末までに完成原稿を提出する。
学会誌発行 9月発行

投稿規程

1. 本年報は、会員・非会員からの招待論文、一般投稿論文および事例紹介等を中心に構成する。
2. 投稿原稿は、その年の企業と社会フォーラム(JFBS)年次大会の統一テーマ及び企業と社会にかかわるテーマのもとに日本語あるいは英語で書かれた未公開論文とする。投稿論文は、既発表論文、およびその年の年報が刊行される翌年9月末までに他で発表されるものと同一の論文を原稿として提出することは認められない。
3. 掲載された論文の著作権は、企業と社会フォーラム(JFBS)に帰属する。
4. 本誌に採択・掲載された論文を執筆者が他の出版物等(インターネット等による情報システム;WEBを含む)に転用する場合、予め文書によって企業と社会フォーラム(JFBS)の了承を得ると同時に、その出版物『企業と社会フォーラム学会誌』(シリーズ番号、刊行年月)に掲載された論文であることを明記しなければならない。
5. 原稿は、ワープロによる横書きとする。論題・要旨・キーワード・本文・注・文献リストを含め、日本語の場合は18,000字程度(事例紹介9,000字程度)とする。英語の場合は8,000ワード(事例紹介4,000ワード)程度とする。図表は文字数に含めない。
6. 引用文献については、本文中で引用する場合「先行研究(〇〇, 2014)では…」、あるいは人名を文章の一部として引用する場合「〇〇(2014)が指摘するように…」のように表示し、原稿の最後に参考文献をアルファベット順に表示するものとする。また、投稿原稿には、自分の他の論文を引用しない。
7. 投稿原稿には、論文題名、投稿者名、連絡先(電話・Email)、所属機関、肩書、およびに論文要旨(日本語300字以内、英語100~150ワード以内)とキーワード10項目程度を記入したカバー・レターを別につけ、ワード・ファイルにて添付し提出すること。
8. 執筆に際しては、JFBSホームページに掲載されている「執筆要領」を必ず参照すること。
(特にネット上のデータ引用や写真等の掲載については、事前の承認・許諾を取っておくこと。)
9. 投稿の締め切りは、一般投稿論文はその年の年報が刊行される年の1月末で、招待論文・事例紹介等は3月末とする。
10. 査読論文の採否は、企業と社会フォーラム(JFBS)編集委員会が委嘱する2名のレフリーによるダブルブラインド・レビューの審査に基づき、編集委員長が決定する。
11. 採用原稿の執筆者校正は1回、校正時点での文字・文章の加筆および削除などの原稿改訂は認めない。
(校正について、長期にわたり連絡が取れないことが事前に判明している場合予め事務局に知らせておくこと。)
12. 投稿原稿などは一切返却されない。
13. 投稿先はJFBS事務局とする。

執筆要綱はこちら


【企業と社会フォーラム学会誌編集委員会】
委員長   國部 克彦  神戸大学大学院経営学研究科
委 員   梅津 光弘  慶應義塾大学商学部
岡田 正大  慶応義塾大学大学院経営管理研究科
金井 一賴  大阪商業大学総合経営学部
谷本 寛治  早稲田大学商学学術院商学部
鎗目 雅    東京大学公共政策大学院

【学会「企業と社会フォーラム」(JFBS) 事務局】
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1早稲田大学商学学術院商学部 谷本研究室内
Tel & Fax: 03-3203-7132
E-mail: info@j-fbs.jp
URL: http://j-fbs.jp