TOP > 出版物

学会誌/Journal

【 企業と社会フォーラム学会誌 】

■最新号:企業と社会シリーズ9
「サステナビリティ人材の育成と経営教育」


千倉書房、2020年9月発行  >千倉書房のページ / Amazonのページ


【目次】  
【はじめに】 谷本寛治 
【イントロダクション】
(Re)thinking Education for Sustainable Development: A Capability Approach Kyoko Fukukawa 
【招待論文】
The Necessity of Sustainability in Management Education Elisabeth Fröhlich and Berivan Kul 
【事例紹介・解説】
サステナブルビジネス教育における課題 -トランスフォーメーションの時代に求められるもの 関正雄 
【投稿論文】
The Prestige Effects of Sponsorship on Attitudes toward Corporate Brands and Art Events Yasushi Sonobe and Makiko Kawakita 
【投稿論文(事例紹介・解説)】 
SDGsを活用した新たな共通価値の創造(CSV) 笹谷秀光 
【学会ニュース】 


■企業と社会シリーズ8
「企業と社会の戦略的コミュニケーション」


千倉書房、2019年9月発行 >千倉書房のページ / Amazonのページ

【目次】 
【はじめに】 谷本寛治 
【イントロダクション】
企業と社会の戦略的コミュニケーション 薗部靖史 
【招待論文】
CSRにおける責任(responsibility)の概念 國部克彦 
【事例紹介・解説】
社会貢献を語るには,まずは拡散した貢献の概念の整理から 福永朱里 
企業の戦略的CSRコミュニケーション 牛島慶一 
日弁連のESGガイダンスについて 齊藤誠 
【投稿論文】
ニューラルネットワークによるサステナビリティ情報のテキスト分析 ―経営トップメッセージの環境・社会記述分析への適用 中尾悠利子・石野亜耶・岡田斎 
【学会ニュース】

■企業と社会シリーズ7
「サステナブル・エンタープライズ: 企業の持続性と社会性」


千倉書房、2018年9月発行 >千倉書房のページ / Amazonのページ

【目次】 
【はじめに】 谷本寛治 
【イントロダクション】
サステナブル・エンタープライズ:企業の持続性と社会性 土肥将敦 
【招待論文】
日本のコーポレートガバナンス改革の現状と課題―CSRの視点から考える 古村公久 
コーズ・ブランディングされたハンドメイド製品のギフト購買意思決定 大平修司・増田明子 
【投稿論文】
異業種の農業参入が創造する経済的価値と社会的価値―兵庫県における農業参入企業の実証研究 大野寛人 
【学界展望】
どのようにアカデミック・コミュニケーション能力を高めるか 谷本寛治 
【学会ニュース】

■企業と社会シリーズ6
「社会的課題とマーケティング」


千倉書房、2017年9月発行 >Amazonのページ

【目次】 
【はじめに】 谷本寛治 
【イントロダクション】
社会的課題とマーケティング 大平修司 
【招待論文】
Understanding Consumer Behaviour for Social Change―An Empirical Investigation of Neutralisation Techniques in the UK Kyoko Fukukawa, Kalmonwan Sungkanon and Nina Reynolds 
社会的課題解決へのマーケティング対応―地球環境問題を中心として 西尾チヅル 
【投稿論文】
ハンドメイド製品のコーズ・ブランディング―良品計画と JICA によるインクルーシブ・ビジネスにおける製品開発 増田明子・大平修司 
「持続可能な消費」を進めるために―市場における消費者の二つの側面からの考察 古谷由紀子 
企業間の取引構造が CSR 活動に与える影響―日本の BtoB 企業を対象とする分析 吉田賢一 
【投稿論文(事例紹介)】
グローバルな CSR の潮流とサステナブルな価値創造経営についての考察―「サステナブルな価値創造経営モデル」の提言 遠藤直見 
【学界展望】
「企業と社会」研究の広がりと課題 谷本寛治 
【学会ニュース】

■企業と社会シリーズ5
「企業家精神とサステナブル・イノベーション」


千倉書房、2016年9月発行 >Amazonのページ

【目次】 
【はじめに】 谷本寛治 
【イントロダクション】
Introduction ―Entrepreneurship and Sustainable Innovation Nobuyoshi Ohmuro and Hiroshi Amemiya 
【招待論文】
ソーシャル・ビジネスにおける組織戦略 ―「選択」と「認証」をめぐる考察 土肥将敦 
Social Business Models ―A Comparative Case Study of the German Beverage Market Tobias Bielenstein 
【事例紹介】
Access to Energy with Awango by Total ―A Business Solution to a Social Issue Luigi Colantuoni and Mathieu Gougeon 
社会イノベーションを通じた社会への貢献 荒木由季子 
ソーシャル ・ ビジネスの法人形態 竹内英二 
【投稿論文】
中間支援組織と支援対象組織との関係性の変化について ―ノットワーキングの視点からの分析 堀野亘求 
【学会ニュース】

■年報2015:企業と社会シリーズ4
「持続可能性と戦略」


千倉書房、2015年9月発行 >Amazonのページ


■The Journal of Corporate Citizenship, Issue 56
A Special Issue:Japanese Approaches to CSR



Greenleaf Publishing、12月発行

2013年JFBS年次大会でのテーマの議論の一部が特集されました。
Malcolm Mclntosh編集長によるエディトリアルはこちら
the journal of corporate citizenshipのページはこちら


■年報2014:企業と社会シリーズ3
「CSR and Corporate Governance」


千倉書房、2014年12月発行 >Amazonのページ


■年報2013:企業と社会シリーズ2
「持続可能な発展とイノベーション」


千倉書房、2013年9月発行 >Amazonのページ


■年報2012:企業と社会シリーズ1
「持続可能な発展とマルチ・ステイクホルダー」


千倉書房、2012年9月発行 >Amazonのページ



助成研究成果

2017年度助成研究成果
Masaatsu Doi (2020) "Legitimacy of Corporate Social Innovation: Legitimizing Resource Mobilization for Corporate Social Innovation in the Case Studies in Japan"、『イノベーション・マネジメント』、第17号、pp.101-117。
2016年度助成研究成果
Forhad Hossain, Sk Rokib Hussein (2018) "Employer Perspectives on Hiring People with Disabilities: A Comparative Study of Bangladesh and Japan", Working Paper PDF
(なお、この論文は、JFBSの審査を経た論文ではありません。)
2014年度助成研究成果
Sato, Yasunobu (2015), "A Human Security Approach to Human Rights Diligence: Why business needs a human security index",Journal of Human Security Studies, Vol.4, No.2, Autumn 2015.pp.87-107
■2013年度助成研究成果
古谷由紀子(2015)「『社会的責任に関する円卓会議』の意義と課題―マルチステークホルダー・プロセスによる社会的課題解決モデルとして―」、『日本経営倫理学会誌』、第22号、pp.95-108。
■2012年度助成研究成果
大平修司、薗部靖史、スタニスロスキースミレ(2014)「ソーシャル・コンシューマーの消費意思決定プロセスの解明:環境配慮型商品と寄付つき商品の消費意思決定プロセス」 Working Paper PDF
(なお、この論文は、JFBSの審査を経た論文ではありません。)
■2011年度助成研究成果
研究テーマ①「震災と企業」
土肥将敦、味水佑毅(2012)「『震災と企業』ケース」、企業と社会フォーラム編『持続可能な発展とマルチステイクホルダー』、pp.232-303、千倉書房。

研究テーマ②「消費を通じた社会的課題の解決」
大平修司、薗部靖史、スタニスロスキースミレ(2012)「消費を通じた社会的課題の解決:日本におけるソーシャルコンシューマーの発見」 Working Paper PDF
Appendix:消費を通じた社会的課題の解決 PDF
(なお、この論文は、JFBSの審査を経た論文ではありません。)


Working Paper Series

(この論文はJFBSの審査を経た論文ではありません)
■No.003
Forhad Hossain, Sk Rokib Hussein (2018)
"Employer Perspectives on Hiring People with Disabilities: A Comparative Study of Bangladesh and Japan" PDF
■No.002
大平修司、薗部靖史、スタニスロスキースミレ(2014)
「ソーシャル・コンシューマーの消費意思決定プロセスの解明:環境配慮型商品と寄付つき商品の消費意思決定プロセス」 PDF
■No.001
大平修司、薗部靖史、スタニスロスキースミレ(2012)
「消費を通じた社会的課題の解決:日本におけるソーシャルコンシューマーの発見」 PDF
Appendix:消費を通じた社会的課題の解決 PDF


JFBS Report (会員企業事例・学会動向)

■2020
・【企業事例】 YKK AP株式会社
 「『善の巡環』を基盤に、さらなるサステナビリティ経営を目指して」 PDF 2020.3.30
・「サステナビリティ人材の育成におけるメディアの役割」CSR Today (オルタナ) 2020.2月
■2019
・「サステナビリティ・リーダーシップ・トレーニング」CSR Today (オルタナ) 2019.12月
「サステナビリティ人材の育成と経営教育」 CSR Today (オルタナ) 2019.8月
「投資家との適切なESGコミュニケーションとは」 CSR Today (オルタナ) 2019.5月
「消費者とのコミュニケーション」 CSR Today (オルタナ) 2019.3月
■2018
「企業と社会の戦略的コミュニケーションとは」 CSR Today (オルタナ) 2018.12月
■2017
「サステナブル・エンタープライズ:企業の持続性と社会性」 CSR Today (オルタナ) 2017.7月
「地方創生とイノベーティブ・マーケティング」 CSR Today (オルタナ) 2017.5月
「社会的課題とイノベーティブ・マーケティング」 CSR Today (オルタナ) 2017.3月
「持続可能性のためのイノベーティブ・マーケティング」 CSR Today (オルタナ) 2017.1月
■2016
「都市開発とイノベーティブ・マーケティング」 CSR Today (オルタナ) 2016.12月
「海外の研究者集い「社会課題とマーケティング」議論」 CSR Today (オルタナ) 2016.10月
「社会的課題とマーケティングを考える」 CSR Today (オルタナ) 2016.6月
「持続可能な発展のためのビジネスや組織づくり」 CSR Today (オルタナ) 2016.2月
■2015
「大企業に求められる、ソーシャル・イノベーションのスケールアップ」」 CSR Today (オルタナ) 2015.12月
「ケーススタディから考える少子高齢化と気候変動問題」 CSR Today (オルタナ) 2015.11月
「企業家精神とサステナブル・イノベーションを考える」 CSR Today (オルタナ) 2015.10月
「日本弁護士連合会による人権デュー・ディリジェンスのためのガイダンス」 CSR Today (オルタナ) 2015.7月 
「企業家精神とサステナブル・イノベーションを問う」 CSR Today (オルタナ) 2015.5月
「持続可能性と金融市場」 CSR Today (オルタナ) 2015.4月 
「サステナビリティ戦略と新興市場」 CSR Today (オルタナ) 2015.2月 
「持続可能性とブランド・マネジメント」 CSR Today (オルタナ) 2015.1月
■2012~2014
・「企業と社会の関係」 月刊 『CSR Monthly』 2012年10月号~2014年12月号 PDF
■2011
・企業と社会フォーラム 発起人大会(オープニング・カンファレンス) (2011.5.20)
Keynote Speech 1「企業における社会:JFBSが目指すこと」 PDF