TOP >年次大会

第9回年次大会 

"サステナビリティ人材の育成と経営教育 "


     

■日 程: 2019年9月5日(木)~6日(金)

■場 所: 早稲田大学早稲田キャンパス

■テーマ: サステナビリティ人材の育成と経営教育
 過去20年間においてCSRは重要な経営課題、そして研究・教育課題として広がり、新しいマインドセットをもった研究者や実務家の育成が求められています。サステナビリティという概念は、ビジネス界においてますます重要になってきているにもかかわらず、企業がグローバルな社会的課題に取り組むことには無理があると長らく考えられてきました。しかしながら、今やビジネスやNGOの現場において、サステナビリティ・マインドをもった人材の育成が求められています。サステナビリティは経営のあり方や教育に新しいビジョンを提示していくポテンシャルを秘めており、従来のマネジメントスキルの教育にとどまらず、幅広く社会との議論を行っていくことが期待されています。CSR、サステナビリティの課題に取り組んでいくには、現代の複雑な課題や議論にトータルにアプローチする視点が求められています。サステナビリティへの関心の高まりは、大学・ビジネススクールに実務界から責任あるリーダーシップと高い倫理意識をもった卒業生を育てることを期待されています。ビジネス教育の国際認証AACSBでは、今や各ビジネススクールにその教育・研究においてCSR関連の課題に取り組むことを求めています。ただこれらのことは日本ではまだあまり理解されていません。CSR/サステナビリティ教育は、大学と企業、国際機関、NGOなどが協力しながら取り組まれ、ローカル/グローバルな課題の解決に貢献していく人材を育成していくことが期待されています。

2019年JFBS年次大会は、大学や現場におけるこれまでとこれからの議論や事例を捉え、多様な観点からCSRやサステナビリティ経営教育を取り巻く問題を深く掘り下げ、新しい可能性を考えていきます。主に以下のようなトピックが挙げられます(但しこの限りではありません)。
 ・どのようにサステナビリティ人材を育成していけばいいか
 ・SDGsを経営教育や企業研修においてどのように位置づけていくか
 ・環境、労働、人権などCSR課題は、マネジメントにどのように組み込んでいくか
 ・CSRあるいはサステナビリティ経営教育や研修を推進するに当って、外部団体(NGOs, Int’l Initiatives, AACSB, UN Global Compact PRMEなど)の役割と協働について
その他、企業と社会に関するトピックをお待ちしています。

Call for Paper (研究報告/ケーススタディ) 

全体テーマ「サステナビリティ人材の育成と経営教育」のもと、Call for Paperを行います。報告希望者は報告内容をプロポーザルにまとめ、ご応募ください。

スケジュール

プロポーザル提出締切 2019年5月31日 ・プロポーザルは、1500字/800words程度にまとめ、報告テーマ、キーワード3つを記述すること
・使用言語は日本語/英語のいずれか
・メールに添付して、info@j-fbs.jp 宛て提出下さい。
査読、および結果通知 2019年6月30日